家事効率を失敗しないでやるための段取りの方法

家事効率を失敗しないでやるには段取り

>

何のための時短か

朝から活動

朝起きたら太陽を浴びて、1日のスタートもダッシュで始まります。
隙間時間の有効利用は、家族が起きる前も。
早起きの注目度は高くなっています。
身体を壊さない程度に計画して、朝の時間を自分の時間にしたり、パソコンやスマートフォンで家計簿の管理や、買い物に行けない時はインターネットで買い物注文することもできます。
その決済も簡単になり、抵抗もなく使えます。
好きな音楽を聴いたり、少しストレッチ等で身体を動かすタイミングがあれば、一日調子が良いかもしれません。
朝の時間をゆっくりと過ごす贅沢さに満足できる効果もあり、良いアイデアも浮かんで、仕事や家事にメリットがあるかもしれません。
家事の先取りもできて、作り置きの副菜も作る時間の余裕ができます。

女磨きタイム

仕事と家事の両立や育児中の主婦は自分のことに時間を費やす心の余裕がなくなりがちですが、家事が効率化して時短にできると少し女磨きの時間として確保することができ、家事などの家での作業にも良い影響で、能率が上がります。
スキンケアやマッサージをすることで精神的な安息が得られ、前向きな気持ちになって肌の艶も良くなります。
アロマを使ったり、ゆっくり時間をかけて入浴してお気に入りの香りと効果の入浴剤を使えば、贅沢な気分に浸れます。
入浴後はオイルなどを使って手足の指先までマッサージをして念入りなお手入れをするのも、血行も良くなり心身に良い効果があります。
リラックスできる時間を捻出することが励みになり、心の栄養にもなって鏡を見るのも楽しく、綺麗になれて相乗効果があります。


この記事をシェアする