家事効率を失敗しないでやるための段取りの方法

家事効率を失敗しないでやるには段取り

>

繰り返す作業が楽しい

料理教室の要領で

料理の時短で無駄な動きがないお手本として、料理番組や料理教室の作業する様子を真似すれば、合理的で失敗もありません。
必ず先に材料や調味料の分量を量っておき、新しい料理などもレシピ通りにタイミングよく作る工夫をします。
美味しいかどうかの味見は必ず必要で、微調整した方がいいです。
まずは料理を失敗しないことが大切で、その次が美味しいことです。
使っている調味料もメーカーによって微妙です。
食材の良いものは、味も良く食感も楽しめるので、食材の選び方の知識も必要です。
食材が新鮮で美味しければ、シンプルな料理法でご馳走が仕上がるのでよく選びましょう。
時短のための作り置きや、まとめて購入した食材の冷凍保存や半製品なども家計の節約にもなります。
漬物や煮物や温野菜など冷蔵庫で数日保管可能な副菜の利用も効率的です。
時間差で段取りする料理は、素敵です。

ヨゴレをためない

床なども毎日や定期的に掃除する作業方法を決めておくと、それほど汚れはたまりません。
子どもが小さい時は床掃除の回数を増やしたり。
お掃除ロボットの活用も検討したいですね。
便利なアイテムを使って、家事と育児などの労働力のバランスを考えておく方が作業が進みます。
掃除道具をいつも一定の場所で配備していると、何があってもすぐに対処でき、ストレスもありません。
子どもがミルクをこぼしても叱る前にサッと間髪入れずに片付けてしまうと、涙も出ません。
落書きの後片づけなども、対策を考えておきましょう。
掃除機との併用で、使い捨ての紙モップなどを利用するのも衛生的で手間いらずです。
時間に関係なく掃除できるので、手早く済ませます。


この記事をシェアする