家事効率を失敗しないでやるための段取りの方法

家事効率を失敗しないでやるには段取り

>

自分のタイプを見極める

整理には理由がある方がいい

廃棄だけをしてみても、段取りとして他の作業や考えとつながっていなければ、後悔するかもしれません。
手放したものは何故か後悔の念も沸々と。
数度取り置いてみてよく考えるか、思い立つなどしてきっぱりと捨てましょう。
もう戻ってこないと思って不安になる間は手元に置く方が、手放した後に無駄な探し方をして高額でも取り戻したくなることもなく済みます。
子育て中で成長に合わせて不要になった品物は、自分でそのケースに合わせて一定のやり方を作っておくのも。
姉妹や友人などで譲り合うなどで、子どもの着られなくなった新しい衣類などの再利用の申出は効率的です。
家事では掃除をする時に効率が悪くなるため、物が多くて収納ができない場合は再度整理して完全収納してしまうか、廃棄するかにする方がすっきりします。

得意なやり方をみつける

洗濯スペースから干すスペースや収納スペースへの流れ作業で、慌ただしく歩いて重い洗濯物を持ち運ぶ手間の軽減などをして、手間なく時短するのも。
子育て中の洗濯物の増加量のせいで、洗濯機の回数も増えます。
洗濯機に入れる前に洗濯ネットを使って、種類別に分けてもらうようにすると、少しでも手間が減ります。
靴下や小物などや型崩れのし易い下着などを洗濯ネットで「始末する」ことが時短の段取りです。
洗濯物を干す時にも洗濯ネットで分類できていると便利で、干し方もいつも同じにできるように毎日の洗濯物の最適な干し方を考えて統一すると慣れて自然な動作になります。
洗濯物を綺麗にたたむことが苦手な人はハンガーなどで工夫をしたりアイデアグッズを利用したりして、自分が楽をするので最大限の段取りを良くしておきます。


この記事をシェアする